【入院準備】二泊三日入院の持ち物 30代主婦が持っていった物と実際に使った物

 

並々
並々

おはようの方も、こんにちはの方も

おばんです!

キクラゲブログ並々(なみなみ)です

 

今回は

『二泊三日入院の持ち物 持って行った物と実際に使った物』のお話です。

 

それではお楽しみください。

 


二泊三日入院の持ち物

入院前に準備をした物

二泊三日の入院に向けて以下の物を用意しました。

※筆者は30代女性です。

 

  • スーツケース(旦那が出張時に使用しているのを借りた)
  • リュック(普段使っているもの)
  • 手提げバッグ(普段使っているバッグ)
  • お金&財布(高額はNG)
  • 箱ティッシュ(新品1箱)
  • ポケットティッシュ(3個)
  • 手提げビニール袋(5枚)
  • マスク(5枚)
  • メガネ(予備と合わせて2つ 視力が悪い人は必須)
  • 室内履き(紐が無くて履きやすいもの)
  • S字フック(大きめ2個)
  • スマートフォン
  • イヤホン
  • スマホ充電機
  • 延長コード
  • エコバック(3個)
  • ミニトートバッグ(布製)
  • A4クリアファイル
  • A4クリアファイルを入れられる硬いケース
  • 筆記用具(ボールペン・蛍光ペン・赤ペン・シャープペン・消しゴム)
  • 付箋
  • 印鑑
  • 飲み物(500mlペットボトルの水 7本)
  • ペットボトル用ストロー
  • 使い捨てスプーン(大1つ 小3つ)
  • 割り箸(9本)
  • 持病の薬
  • 普段飲んでいるサプリメント
  • リップクリーム
  • ハンドクリーム
  • 日焼け止め
  • 折り畳みコーム
  • 手鏡
  • ヘアゴム
  • 歯磨きセット(折り畳みコップ・歯ブラシ・歯磨き粉)
  • 洗顔用具(ヘアバンド・洗顔料・クレンジング)
  • スキンケア(オールインワンジェル)
  • お風呂用具(使い捨てのシャンプー&トリートメント・ボディソープ・ボディタオル)
  • ヘアオイル(使い切りのミニタイプ)
  • ルームソックス(2足)
  • 下着(3日分)
  • 靴下(3足)
  • カーディガン
  • バスタオル(普段使いのコンパクトサイズ 2枚)
  • タオル(4枚)
  • ハンドタオル(4枚)
  • 携帯ハンドソープ
  • 耳栓(2種類)
  • 爪楊枝(6本)
  • 綿棒(6本)
  • 生理用品(夜用14個 昼用10個)
  • 本(2冊)【暇つぶし】
  • iPad【暇つぶし】

 

持っていくものは事前にネットで調べたものを参考にしました。

正直、持っていき過ぎ感は否めませんが

無いよりはあったほうが良いと思い

いっぱい持っていきました。

 

入院着はレンタルがあったのでレンタルを利用しました。

(前開きのパジャマを持っていなかったし、荷物を減らしたかったため)

 

続いて実際に使用したものをご紹介します。

 

実際に使った物

入院中に実際に使用したものは以下の通りです。

 

  • スーツケース(重い物やかさ張るものを入れた)
  • リュック(スーツケースに入らなかったものを入れた)
  • 手提げバッグ(パッと取り出したいものを入れた)
  • お金&財布(テレビカード(冷蔵庫を冷やす時にも必要)や飲み物を買う時に必要。高額はNG)
  • 箱ティッシュ(普通に使う)
  • ポケットティッシュ(買い物に行く時やちょっと移動の際に所持した)
  • 手提げビニール袋(使用した下着などを入れたり、濡れたものを入れたり大活躍)
  • マスク(基本的にマスク装着なので、予備も含めて複数必要)
  • メガネ(視力が低い方は必須。手術室まで歩いて行ったのでコンタクトレンズよりメガネのほうが良い。コンタクトレンズの場合は手術室へ行く前に外すらしい)
  • 室内履き(入院時必須)
  • S字フック(手提げバッグやミニトートをベッドの柵に引っ掛けられるので便利)
  • スマートフォン(暇つぶしや連絡手段として必須。もはや体の一部)
  • イヤホン(複数人いる病室なので必須)
  • スマホ充電機(スマートフォンを使用するなら必須)
  • 延長コード(コンセントは複数ありましたがベッドの上で充電しながら使用するなら必須)
  • エコバック(買い物した物を入れたり、シャワー室へ行く時に着替えを入れたり、カーディガンをしまうのに使用)
  • ミニトートバッグ(買い物へ行く時や、ちょっと移動する時にスマホやティッシュを入れたり、細々としたものを入れてベッド脇に下げたりと大活躍)
  • A4クリアファイル(いっぱい書類渡されるので必須)
  • A4クリアファイルを入れられる硬いケース(A4ファイルに入れた書類を保護するのに必須)
  • ボールペン(いっぱい書類を書くので必須)
  • 飲み物【500mlペットボトルの水】(病院では飲み物が出ないので必須。足りないので現地で買い足した)
  • ペットボトル用ストロー(手術後に水を飲むのに必須)
  • 持病の薬(普段飲んでいる薬があれば必須)
  • リップクリーム(普段使っているなら必須)
  • 日焼け止め(退院時に使いました)
  • 折り畳みコーム(髪が長い人は必須)
  • ヘアゴム(髪が長い人は必須)
  • 歯磨きセット【折り畳みコップ・歯ブラシ・歯磨き粉】(必須)
  • 洗顔用具【ヘアバンド・洗顔料・クレンジング】(必須)
  • スキンケア【オールインワンジェル】(普段使っているスキンケアは必須)
  • お風呂用具【使い捨てのシャンプー&トリートメント・ボディソープ・ボディタオル】(シャワー入る時に必要)
  • ヘアオイル【使い切りのミニタイプ】(普段使っている人は必須)
  • ルームソックス(ベッドの上で履くとリラックスできる)
  • 下着(必須)※術後は生理用ショーツ使いました
  • 靴下(シャワーに入ったら新しいものにしたいので必須)
  • カーディガン(入院着だけで売店へ行くのが恥ずかしかったので持っていって良かった)
  • バスタオル(シャワー時に必要。大きめだと枕に敷いて高さを調整できる)
  • タオル(枕の上に敷いたり、顔を洗う時やシャワー時に必要)
  • 生理用品(術後に出血ありのため)

 

※あくまでも私が入院した病院でのお話です。

 

退院時などなるべく重い物を持たないほうが良いので『スーツケース』は必須だと思います。

(付き添いの人が重い荷物を持って来てくれるなら問題ありませんが、2022年現在感染対策のために付き添いの人がどこまで付き添えるかは病院によって対応が異なりますのでご確認ください)

 

私は普段から荷物が多いほうなので『リュック』『手提げバッグ』を持っていきましたが、荷物が少ない人は必ずしもどちらも持っていかなくてもいいと思います。

 

病院の「入院案内」で「高額のお金は持ってこないでください」と書いてあったので、少しのお金(と言っても心配性なので結局3万円くらい。絶対持っていき過ぎた💦)を持っていきました。

テレビを見るためにも、病室に備え付けの冷蔵庫を冷やすためにもテレビカードを買う必要があるのでお金は必要でした。

(入院手術の費用はクレジットカードで支払いました)

 

『マスク』『スマートフォン』『スマートフォン充電器』は言わずもがな必要です。

 

『室内履き』は病院から「スリッパNG」だと言われたので家にあったスポーツジム用の靴を持っていきました。

 

『S字フック』はネットで持っていくと便利だとあったので一応持っていきましたが、ベッド脇にバッグを引っ掛けるのにとても便利でした!

細々としたものを『ミニトートバッグ』に入れてベッド脇に下げると快適です。

 

『延長コード』『スマートフォン』を充電しながら使用するなら必要です。

(充電コードが長い場合はその限りではありません)

 

『イヤホン』は病室で動画を見る際に必須。

(個室の場合はその限りではありません)

 

『箱ティッシュ』『ポケットティッシュ』は拭いたり鼻をかんだりと意外に使います。

 

『手提げビニール袋』は使用した下着を入れたり、濡れた物を入れたり、洗面用具を入れて移動したりと便利。

(私が入院した病室はベッド脇にゴミ箱がありましたが、無い場合はゴミ箱の代わりにもなるので複数枚必須

 

『エコバック』は買い物したものを入れたり、シャワー室に行く際に物を入れたりと便利。

(かさ張らないので複数枚持っていくと安心)

 

『ミニトートバッグ』はちょっと買い物に行く際に『財布』などを入れたり、ちょっと診察に行く時に所持したい物を入れたりと便利。

「布製」のものだとカサカサと音が鳴らなくて、夜中でも物を取り出しやすいのでおすすめ。

 

『メガネ』『リップクリーム』『持病の薬』は普段使っている人は必ず持っていってください。

「コンタクトレンズ」を普段使っている人も『メガネ』のほうが楽だと思います。

(洗面台なども数に限りがあるので「コンタクトレンズ」の付け外しが思うようにできない可能性があります)

 

『歯磨きセット』『洗面用具』『お風呂用具』『スキンケア』『ヘアオイル』は旅行用のものを持っていきました。

 

『折り畳みコーム』『ヘアゴム』は髪の長い人は持っていったほうが無難です。

退院時に髪を整えたり、作業する時に髪が邪魔になる時にまとめるために使用しました。

 

『A4クリアファイル』はいっぱい渡される書類を整理するのに活躍しました。

『A4クリアファイルを入れられる硬いケース』『A4クリアファイル』に入れた書類を保護するのに便利です。

 

『ボールペン』もいろんな書類を記入するのに使用するので、1本は持っていったほうが無難です。

 

私が入院した病院は飲み物が提供されなかったので「ペットボトル500mlの水 7本」持っていきましたが、病院内には自動販売機も売店もあるので現地で購入しても良いと思います。

(持っていった数では足りなかったので、買い足しました)

 

『ペットボトル用ストロー』は寝ながら飲み物を飲むなら必須だと思って持っていきました。

手術後は起き上がれないので、看護師さんが使って飲ませてくれました。

実際に使用したのは3本ほどです。

 

『下着』『靴下』はシャワーを入った後に交換したいので複数枚持っていきました。

(手術後に出血するため生理用ショーツを履いていました)

※手術の際に「ショーツ」を看護師さんに預ける場面があったので、キレイ(ボロボロじゃない)下着のほうが良いと思います。

 

今回の入院は春だったので春用の『カーディガン』を持っていきました。

(病院内は基本快適な温度だったため寒さ対策の『カーディガン』は必要ありませんでした)

 

『バスタオル』は普段風呂上りに使っているものを持っていきましたが、ペラペラだったので体を拭く以外に使えませんでした。

ふかふかな『バスタオル』を持っていけば枕の高さの調整にも使えたのでちょっと後悔してます。

 

『タオル』は顔を洗った時もお風呂に入った時も使いますし、枕に敷くと自分の家感が出るので心の安定のためにお気に入りのタオルを持っていくことをおすすめします。

(推しのタオルを持っていきたかったですが、グッと我慢してキャラクターもののタオル持っていきました)

 

『生理用品』は事前に持ってくるように言われていたので1袋(14個入り)を持っていきましたが5個くらいしか使いませんでした。

(結構かさ張ったので、1袋は持っていかなくても良かったです💦)

 

 

以上が実際に持って使った物になります。

続いて「持っていったけれど使わなかったもの」です。

 

持っていったけれど使わなかったもの

実際に病院へ持っていったけれど使わなかったものは以下の物です。

 

  • 付箋
  • 印鑑
  • 使い捨てスプーン
  • 割り箸
  • 普段飲んでいるサプリメント
  • ハンドクリーム
  • ハンドタオル
  • 携帯ハンドソープ
  • 耳栓
  • 爪楊枝
  • 綿棒
  • iPad

※あくまでも私個人は使用しなかったものです。

 

『付箋』はちょっと病室を離れる時に書き置きをする際に必要かなと思いましたが

「部屋に居てください」と看護師さんに言われた際はお手洗い以外に出歩かなかったので

必要ありませんでした。

 

『印鑑』はネットで持ち物を調べていた時に書いていた人がいたので一応持っていきましたが使いませんでした。

※貴重品になるので事前に病院から必要と言われていなければ持っていかないほうが無難です。

 

『使い捨てスプーン』『割り箸』はネットで調べた際に書いていた人がいたので持っていきましたが、食事の際に借りられました。

 

『普段飲んでいるサプリメント』は「入院前に飲んでいるものがあれば持って来てください」と言われたので持っていきましたが、薬剤師さんから「入院中はサプリメントはお休みしてください」と言われたので飲みませんでした。(なぜ持って来てと言ったのか不明……)

 

『ハンドクリーム』は手洗いをこまめにするから必要かと思って持っていきましたが、普段から乾燥を感じた時しか使用しないので使いませんでした。

※普段から『ハンドクリーム』を使用している人は必須。

 

『ハンドタオル』『携帯ハンドソープ』は手を洗ったら必要かと思って多めに持っていきましたが、ペーパータオルもハンドソープも置いてあったので使用しませんでした。

 

『耳栓』は個人的に合わなかったので使用しませんでしたが、同室の人のイビキや物音が気になるので必須だと思います。

(あくまでも私は使用しなかっただけで、持っていったほうが無難です

 

『爪楊枝』『綿棒』は念のため持っていきましたが使用しませんでした。

 

『本』『iPad』は暇つぶしのために持っていきましたが、ずっと『スマートフォン』で暇をつぶしたので私個人は必要ありませんでした。

(いつ呼ばれるかわからない待ち時間が多かったので、集中して何かをすることができませんでした)

 

持っていけば良かったと後悔したもの

実際に入院してみて

持っていけば良かったと後悔したものをご紹介します。

 

  • タオルケット(布団しかないので暑いときに掛ける物がない)
  • アイマスク(夜間の見回りのときに明かりがついたりするのが気になる方は必須)
  • 首のところが回るハンガー(カーディガンなど上着を掛けるところがない)
  • 耐熱性のプラスチックカップ 蓋つき(お湯を無料で提供していたので持っていけば良かった)
  • お茶(お湯を無料で提供していたので持っていけば良かった)
  • 置き時計(スマートフォンは貴重品なので貴重品入れに入れている時に時間がわからない)
  • 大きいバスタオル(枕の高さが合わなかったので高さを調整するため)
  • 推しのもの(病室は結構孤独)

※あくまでも私個人の感想です。

 

特に『タオルケット』を持っていかなかったのは痛恨の極みでした。

暑い時は『タオルケット』だけ掛ければいいし、寒い時は布団と一緒に掛けれます。

入院初日の夜がとても暑くて、でも布団を掛けないと寒いという微妙な室温だったので『タオルケット』さえあれば快適でした。

(入院前に入院の説明のスタッフさんが「『タオルケット』を持ってきてもいいです」と言っていたのは『タオルケット』を持ってきたほうが良いという意味だったのかもしれません……)

 

『アイマスク』は同室の人が消灯後に何度も看護師さんが看護に来ていて、その度に光が灯されるのが気になって眠れなかったので、持っていけば光りが気にならなかったかもしれません。

 

首のところが回るハンガー』は持っていった『カーディガン』を収納するのにあったら便利だったかなと。

仕方ないので『エコバッグ』にまるめて収納しました。

 

病院でお湯を提供してくれるなんて神対応を知らなかったので『耐熱性のプラスチックカップ 蓋つき『お茶』を持ってくれば良かったと後悔しました。

(事前に教えてくれ~💦)

 

置き時計』は事前にネットで持っていったほうが便利だと知っていましたが、数日のために購入することに抵抗があったため持っていきませんでした。

時間を確認する際に一々スマートフォンを見なければいけないので、持っていったほうが楽だったと思います。

 

大きいバスタオル』は枕の高さが合わなかったので、持っていけば調整できたなぁと後悔しました。

 

推しのもの』は病室は感染症対策のために常にカーテンで仕切られて結構孤独を感じたので、持っていっていれば心の支えになったかなぁと思いました。

メンタルのためにも持っていくことをおすすめします。

(大きいと邪魔になるので小さめの物。失くさないよう注意)

 

 

他はとても快適に過ごすことができました。

 

まとめ

以下が私が考える二泊三日の入院に必要な物完全版です。

※入院する病院によって必要な物は変わりますので、ご参考程度にご覧ください。

 

  • スーツケース(重い物やかさ張るものを入れる)
  • リュック(荷物が多い人は必須)
  • 手提げバッグ(普段携帯しているものを入れる)
  • 財布(テレビカード(冷蔵庫を冷やす時にも必要)や飲み物を買う時に必要。高額はNG)
  • 箱ティッシュ(普通に使う)
  • ポケットティッシュ(移動時に使う)
  • 手提げビニール袋(多目的に使えるので複数枚必要)
  • マスク(基本的にマスク装着なので、予備も含めて複数必要)
  • メガネ(視力が低い方は必須。手術室まで歩いて行ったのでコンタクトレンズよりメガネのほうが良い。コンタクトレンズの場合は手術室へ行く前に外すらしい)
  • 室内履き(入院時必須)
  • S字フック(手提げバッグやミニトートをベッドの柵に引っ掛けられるので便利)
  • スマートフォン(暇つぶしや連絡手段として必須。もはや体の一部)
  • イヤホン(複数人いる病室なので必須。個室の場合は不要)
  • スマホ充電機(スマートフォンを使用するなら必須)
  • 延長コード(コンセントは複数ありましたがベッドの上で充電しながら使用するなら必須)
  • エコバック(2個 着替えが入るくらいの大きさだと便利)
  • ミニトートバッグ(布製の物だと音がうるさくなくて同室の人の迷惑にならない)
  • A4クリアファイル(いっぱい書類渡されるので必須)
  • A4クリアファイルを入れられる硬いケース(A4ファイルに入れた書類を保護するのに必須)
  • ボールペン(いっぱい書類を書くので必須)
  • 飲み物【500mlペットボトルの水】(病院で飲み物を提供されない場合は必須。荷物になるので現地で買ってもいいかも)
  • ペットボトル用ストロー(手術後に水を飲むのに必須)
  • 持病の薬(普段飲んでいる薬があれば必須)
  • リップクリーム(普段使っているなら必須)
  • ハンドクリーム(普段使っているなら必須)
  • 日焼け止め(退院時に塗ったほうが無難)
  • 折り畳みコーム(折り畳みだとかさ張らない)
  • ヘアゴム(最低1つ)
  • 歯磨きセット【折り畳みコップ・歯ブラシ・歯磨き粉】(必須)
  • 洗顔用具【ヘアバンド・洗顔料・クレンジング】(必須)
  • スキンケア【オールインワンジェル】(普段使っているスキンケアは必須)
  • お風呂用具【使い捨てのシャンプー&トリートメント・ボディソープ・ボディタオル】
  • ヘアオイル【使い切りのミニタイプ】(普段使っているなら必須)
  • ルームソックス(2足)
  • 下着(ブラトップ3枚 ショーツ4枚)※術後は生理用ショーツ使いました
  • 靴下(3足)
  • カーディガン(1枚あると便利。季節によって厚さを選んで)
  • バスタオル(3枚)
  • タオル(4枚)
  • 生理用品(昼用10個 夜用5個 ※数は人によります)
  • タオルケット(薄手のもの)
  • 首のところが回るハンガー(1つ)
  • 耐熱性のプラスチックカップ 蓋つき(病院がお湯を提供してくれる場合は必須)
  • お茶(病院がお湯を提供してくれる場合は必須。お好きなお茶を)
  • 置き時計(あまり大きくないもの)
  • 大きいバスタオル(枕の高さ調整のため)
  • 耳栓(寝る時あると便利。自分の耳に合うか要確認!)
  • アイマスク(寝る時あると便利)
  • 暇つぶしができるもの(待ち時間が想像以上にあるので、一番必要な物)
  • 推しのもの(孤独を癒してくれたり、勇気をくれたりする)

※あくまでも私個人の考えです。

 

以上が、二泊三日の入院時に持っていけば便利なものです。

どなたかの参考になれば幸いです。

 

快適な入院ライフを!

 

おわりに

最後までご覧いただき

まことにありがとうございます!

 

この記事がよかったと思ったら

左下のいいねボタン

ポチっとお願いします。

 

ランキングにも参加しています。

よかったらポチっとしていただければ

励みになります。

 

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

 

キクラゲブログ - にほんブログ村

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA