【雑記】新型コロナウイルスワクチン ファイザー製 1回目 記録

ワクチン イメージ

おはようの方も、こんにちはの方も、

おばんです!

キクラゲブログ並々(なみなみ)です。

 

今回は10月2日(土)に受けた、

『新型コロナウイルスワクチン ファイザー製 1回目』の記録になります。

それでは楽しんでいってください。


新型コロナウイルスワクチン ファイザー製 1回目

予約が取れない

岩手県が実施する集団ワクチン接種の予約に、

全然予約が取れませんでした……。

1時間粘ってたのに予約が取れなくてブチギレそうになりました。

 

そして盛岡市の集団ワクチン接種の予約も、

第1回は朝の9時から30分粘ったのに

予約は取れませんでした。

ガッデム!!

旦那なんか107回も電話してました。(笑)

 

そして三度目の正直で、

ようやく夫婦共々予約を取ることができました。

しかし、予約できはしたものの、

予約会場も時間もバラバラになってしまいました。

ガッデム!!


いざワクチン接種へ

10月2日(土)、

とうとう予約の日がやってきました。

会場は車で20分くらいの開業医の小さな病院。

 

予約は11時30分からでしたが、

なんやかんやで11時35分くらいに着きました。

 

受付で、

①保険証

②ワクチン接種券

③予診票

を提出。

すると、予診票の下のほうにあった

『日付』『名前』を

書き忘れていたみたいで、

受付の女性に「2回目の時は書いてきてくださいね」

と笑顔で言われる。

目が笑ってなくて怖かった……。

 

次に、医者による問診。

この時、おくすり手帳を準備していきましたが、

まったく使いませんでした。(笑)

 

なお、詳しいワクチンの流れはこちらをご覧ください。

参考 ワクチンの流れコロナワクチンナビ

  

そしていよいよ、注射のお時間です。

先日筋肉注射をして痛さを忘れられないまま、

その時がきました。

筋肉注射についてはこちらをご覧ください。

 

半袖の腕を捲って、

左腕から力を抜くと、

ブスッと。

次いで中身をブスブスッと注入。

ふつうに痛かった……。

 

それから15分間、

待機室で待機しなければなりません。

(その間に具合が悪くなったら、

すぐに医者に言う)

それが、ものっっっっっすごく

です。

特に私はワケあってその日スマホを所持していなかったので、

何もなくただ時計とにらめっこをしなければなりませんでした。

今の時代、何もせずにボーっとすることってあまりないので、

ある意味いい体験をしました。

 

ちなみに待機室は二つあり、

私の他にも15人ほどいました。

(私が最後だったっぽい)

どんどん待機を終えて帰っていく皆様。

待機室には私一人となり、

無駄に無我にその時を待ちました。

そしてようやく15分が経ち、

体調も良かったのでそのまま帰りました。

しかし、悪夢はまだ始まってもいなかったのです……。


腕が痛い!

接種してから5時間後ほど経った夕方、

注射をブスっとした左腕に違和感を覚えました。

その違和感は次第に痛みにと変わっていき、

何もしていなくても地味に痛かったです。

ですが、生活するのには支障がないため

気にしないようにしていました。 

が、

悪夢は夜に始まりました。

 

夜になり、ベッドに横になろうと

いつもの癖で左腕を下にして寝転がったら……

めちゃくちゃ痛かった!!

これじゃあ左を向いて眠れない。

充電コードがベッドの左側にあるので、

『充電しながら動画を見る』という

ナイトルーティーンができなくなりました。

完全にストレスです。

仕方なく仰向けで寝ながら動画を見ましたが、

例に漏れず自分の顔面へスマホを落下させました。(笑)

 

もう、早くこのストレスから解放してくれ!

お願いだワクチン!

とりあえず今夜までには治ってくれ!

……この願いが叶うよう、切に願ってます。


おわりに

いかがでしたでしょうか。

2回目のワクチン接種は副反応がもっと大きく多く出るそうなので、

今からビビっています。

何事も無いといいのですが……。

 

ここまで読んでいただき誠にありがとうございました!

よかったら左下の【いいねボタン】ポチっとお願いします。

 

ランキングにも参加しています。

応援していただけたら泣いて喜びます。

  にほんブログ村 主婦日記ブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA